婦人

30代からはじめる肌トラブル対策|年齢に合った基礎化粧品

年代で使い分けよう

化粧品

肌は変わっていく

ずっと同じ基礎化粧品を使っていませんか。昔はよかったけれど、今はあまり良いとは思わなくなってきたという人もいるはずです。それは、肌が年齢とともに変わっているからです。昔と今の肌は違うので、同じ基礎化粧品を使っていても肌の調子が良くならないこともあります。30代になったら、メインターゲットが30代の基礎化粧品に変えたほうが良いです。今の自分に必要な美容成分を中心に配合されているので、使い続けていくと、肌が乾燥しなくなったり、ハリや弾力が出てくるなど嬉しい変化があるはずです。あまり年代によって基礎化粧品を使い分けていない人が多いですが、自分の肌年齢を考えて選んでください。少しでも前ほど良いと思わなくなったら変えましょう。

年齢に負けない成分

30代になると、徐々にしわやたるみなどが気になってきます。これは、肌の水分量が少なくなっていることやコラーゲンやヒアルロン酸などが減少していることが関係しています。だから、これらを補う成分が入っている基礎化粧品が多いです。20代後半から肌の変化に気が付いている人もいるくらいです。30代の肌は、かなり年齢が出やすいので気をつけてください。まずは、保湿を強化できる成分を中心に使ってみましょう。だんだんとハリや弾力が失われていくので、たるみやほうれい線が目立ってきます。これらを緩和するための成分が含まれる基礎化粧品に徐々に変えていく必要もあります。30代といっても、前半と後半でも必要な成分が違うので自分の肌と良く相談したほうが良いです。